文月の、神餅 〜根曲がり竹と、蕨〜

  • 2020.07.05 Sunday
  • 16:18

今日は。 本日は、七月の当院の熟餅作りです。

先日、たくさんの根曲竹を頂きましたので総出で皮むきを致しました。

(これ、戸隠の竹細工の原料になるものなのです。)

貴重な根曲竹は、従業員さんのお友達のお山で採れたものです。(これって、さらっと書きましたけれど、本当に有難い事です)

 

茹でて、カットして、瓶に詰めて、、、この後また大鍋で煮て真空にします。

上の部分と、下の部分、で入れ分けしてみました。

 

同時に、ご実家が杏子農家さんのお友達から頂いた大量の杏子もジャムに仕上げます。

三温糖と、きび糖で甘さは控えめにしてみました。(^^♪

信州に暮ら醍醐味は、旬の素材がその都度、大好きな人たちを経て分けて頂ける事でしょうか。

本当にありがたく、こうした事と無縁に生きてきた私までもが

「作る喜び」を味合わせてもらっています。

 

大量の蕨もあく抜きをして、煮て、カットして、瓶詰にします。

 

最後に、、、庭先の紫陽花が色づいて参りました。

林芙美子先生が愛した蝦夷紫陽花です。

 

ここからどんどん色が濃く、藍色に染まっていきます。

戸隠も、今日は朝から雨が降ったりやんだり、、、。を繰り返しています。

 

普段ならば今時期に降る夏の雨は美しく、心静まるものですが、、、。

どうか、今は、降るに任せずにやんで欲しいと紫陽花を見つめながら思いました。

 

今日の朝、テレビに映し出された映像は、荒れ狂う海の様に様変わりした河川と形のなくなった山でした。

その様を伝える報道に、胸が締め付けられる思いです。

 

どうか、一刻も早くお鎮まりになられて、皆様を、お守り下さい。

そしてその最前線で救助にあたられている方々を、お守り下さい。

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM