寒露過ぎて。木の葉、色づき始めました

  • 2020.10.09 Friday
  • 22:05

こんばんは。7日には更新する予定が、本日になってしまいました。

ご覧にいらしてくださっていた皆様、申し訳ありませんでした。

 

先日の寒露の日の朝、気温は10度。

「吐いた息が、白かったよ〜!」と、学校から帰宅した子供たちが教えてくれました。

 

雨が降ると、より秋が深まり、気温もぐっと下がります。

寝具や寝間着もネルのものに交換し、登校支度に上着を一枚はおらせて送り出します。

信州の秋は早く、深く、美しい。です。

 

写真は裏庭のウドの木の葉です。

一部分、赤く染まりだしました。

雨に濡れて、周囲の景色を秋に引き込んでいるようでした。

 

もう山奥から、秋が下りてきたよ。と、教えられた気持ちになった、朝でございました。

季節の移ろう時期に、自然のただなかにいるだけで

穏やかな気持ちになれるから不思議です。

 

雨粒が木々の葉にあたる音も、地面に降り注ぐ音も、すべてが混ざってなんとも言えない台地の音になるんですよねえ。

静かなこれからの季節に。お山の中で、ゆっくりと自分の内面と向き合うと

日頃は忘れていた本当の自分自身と繋がれる様な感覚になれます。

 

長く長く続いてきた過去も、今この瞬間も、これからも戸隠さんはいつも変わらず

季節をうつしていきます。

どうぞ、お仕度にご留意されて秋のお山をお楽しみ下さいませ。

 

 

棗の季節になりました。仕事合間に生の棗をバリバリかじっております。

臓器に夏の疲れが出やすい季節でもあり、こうした食べ物が手に入る山奥の暮らしに

改めて感謝、ですね(^^♪

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM