厳寒の立春から、4月並みの暖かさの今日迄

  • 2020.02.14 Friday
  • 19:43

こんばんは。最後にブログを更新してから、ここ数日の激しい寒暖差でちょっと体調を崩してしまっていました。

皆様はいかがお過ごしですか?

今年は数十年に一度のネズミの年。という事で変化の多い年になるのだな。

とは感じておりましたが、、。年が明けてひと段落出来るかな??という時でしたので

恒例の大・断捨離大会も大掃除も未だ手付かずで何だかすっきりしない日々を送っておりました。

 

寒暖の差っていってもどれくらい?

と思われますよね。

まずここは標高が1000メートルあるので、その時点でも山下へおりるだけで軽く5度位は気温が異なります。

 

写真は先週撮影しました。お客様方をお見送りしてお掃除を仕上げた後に小布施へ行って見つけました。

「オオイヌノフグリ」です。(?_?)え?

もう咲いているの???

 

この花の周囲には写真の様にフキノトウが沢山!でした。

ぶちり、ぶちり、と夢中で採りながら目的の場所へ急ぎました。

 

目的の場所は、小布施の料亭「鈴花」さんです。

季節のあしらいが綺です。ブッシュカンと鬼ゆず、神楽鈴も飾られていました。

 

玄関先には、柊とイワシ。親方お手製だそう。ふむふむ・・・。こうやってこうなっているのか。。

女将さんに教えて頂きました!(^^♪

 

この日は、鈴花さんのオリジナル恵方巻の受け取り最終日。

この恵方巻の作り方を受け取りに行きつつ教わってきました。(ちゃっかり)

写真は、親方に許可をいただいてまな板でパチリ。

団体さんが入ってらして、とてもお忙しそうでしたので少しお手伝いをして子供を拾って帰宅です。

親方、女将さん、いつもありがとうございます。

 

 

包材も、すてきです。( *´艸`)

本数限定なので、毎年予約完売なんですよねえ。

一本一本当日巻くので大量には作れないから、とおっしゃっていました。

(これで今宵の夕食はお吸い物(と、日本酒)だけで良い・・・・(*‘ω‘ *)フフフ。と、両手に持った時に心からの笑顔)

 

早速、翌日のお昼のご会食の時に作って「ミニ恵方巻」として添えてお出ししました。

よおうし、来年から何か立春企画しちゃおうっかな。

とか、一人妄想。

 

この日は暖かく、前日の雪降りが嘘のようでした。

それでも、ふきのとうは例年よりも「全然早いよ」と女将さんが教えてくれました。

 

ここは、信濃町をぬけたところの畑地帯です。

前日まで地面が見えていたのに・・一晩でご覧の状態でした。

 

立春過ぎてから、連日で氷点下15、18度と明け方冷え込み雪が降りました。

日中も終日氷点下の日も一日あり、冬が去る前の恒例よね。。。

 

なんて考えていました。ら。

 

昨日の山下は20・5度。

戸隠でも15度まで気温が上がっていました(/・ω・)/えー!

 

その差、どんだけでしょう。。。。

一日に7度の気温差で体調に影響が出ると言われていますよね。。

ばっちり、寒暖差アレルギーとやらにやられてしまいました。

おまけに早すぎる花粉症・・・(+o+)なくなく備蓄していたマスクを引っ張りだしてき装着しております。

(私には、便所紙やらティシューペパーやら、マスクやら、、衛生用品を大分収集する癖がございます)

 

そんな一昨日と今朝(朝の10時過ぎで8度)の宝光社さんを撮り比べ。

雪は日陰にまだ残っています。

ただ、猛烈な勢いで溶けだした事が分かりますね。

 

スタッドレスはかなくて大丈夫?と、よくお尋頂きますが、、、HPにも書かせて頂きましたが、

大体戸隠では4月半ばすぎくらいまではスタッドレスタイヤを装着しています。

ここ数日のように天候はくるくる変わりますし、まだまだ朝は冷えるので何ともいえないから。です。

 

静かな、静かな、この春の戸隠山。今年は例年よりは遥かに少ない雪の量とはいえ

平地よりも変動の激しい場所でもございます。

どうぞお仕度にご留意されて、この静かな美しい春の戸隠山へお越し下さいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM