茅の輪、出来ました(夏蕎麦の花、満開です)

  • 2019.06.27 Thursday
  • 20:59

今晩は。

昨日のこの写真の青空が嘘の様な、雨降りの夜を迎えています。

先週の様に冷え込みはしていないので、

ご滞在中のお客様方もお寛着でお食事処へお越しになられていました。

 

前日までご宿泊のお客様方をお見送りした足で、そのまま泊りがけで講師の仕事と外祭のご依頼を頂いていた主人。

朝、なかなか流石に起き上がることが困難だった様子でした。

 

でも、でも、、ねばならないっ。ならないのです!

二人共朝食もそこそこに、無言で支度をして萱刈り場へと向かいました。

 

伸び伸びとお空までまっつぐに伸びとる萱を見ると、

ウシっ!(◎_◎;)と気合が入ります。

 

この向こうは川が流れていて、周囲には川のせせらぎとカエル達の鳴く声、鳥のさえずりしか聞こえません。

いやあ〜長閑。長閑すぎます。

青いお空を見上げていると、午後の予定を忘れてこのままここで草や昆虫の観察でもしたい衝動にかられます。

 

じゃっじゃっという私達二人の鎌を引く音だけが定期的な音で、辺りに響いておりました。

道中、氏子さん方にお会いして「なああにしてるの?」「いえ、あの、神事に使う萱を刈りに・・」

なんて会話を交わしました。

 

大変ですけれど、自然に囲まれて作業をしていると

何だか日ごろ気に病んでいた様な事、全てがちっちゃあああああく思えてきて

とてもすっきりしました。脳活ばっちり★です。

 

この萱、鋭い葉で容赦なく露出している肌を切り裂きます。

無知な私&いつも何も知らせない主人によって、初回は半袖でこの作業に連行された私。

ええ、それはそれは、、、稲葉の白兎状態で・・。

 

でもっ!⊂⌒~⊃。Д。)⊃

今回は長袖長ズボン!万全な筈!年月経て、成長した私を見なさいよねえー、萱、見なさいよねー、ちょっと!

、、、確かに、萱に身は切られませんでした。

ああ、今回は忘れていました、その毛。

チックチクの、かったああぃ棘に近い、毛。⊂⌒~⊃。Д。)⊃。。。

 

もう、デニムなんて隙だらけなんでしょうね。

そうなんでしょうね。綿のパーカーも、何だか全身金色の細かい棘がびっしりで、、

勿論、チックチクなわけで、、。

 

うぇ〜ん、一年経つと、忘れちゃうんだよう〜(*_*)

 

刈って刈って刈って、、、小一時間程。

これを軽トラに運ぶ時がまたチックチク。(ΦωΦ)ううううう。。

 

いやああ、皆さん、自然っていいですねぇええ(*´▽`*)

と、ちょっとだけ景色にうっとりして、、、

帰宅して大急ぎで着替えて、、、(トップスだけ)

 

細かな毛をまとったジーンズで下の子供の学校へ。

実は授業参観があったのですが、間に合わなかったので懇談会へ。

トンボ帰りをしたら、また作業。

天気予報を見ていたので、どうしてもこの日中に形に仕上げなければ!だったので。

 

帰宅すると、もう主人が一人で輪に結びつけていてくれました。

年々作業工程が早くなります・・。

 

そうそう、、、気が付けば今年も6月の半ばあたりから夏蕎麦の花が満開になっていました。

当院の蕎麦畑は、もうちょっと標高が高いところで栽培しているので

二毛作が出来ないのです(ΦωΦ)

秋に、満開になりますけれど綺麗ですよ〜。

 

過去ログやFBの動画であげていたりします。

ご興味ある方は検索されてみてくださいね(*´▽`*)

 

昨日はあれから買い出し作業がありましたので、、

輪をたてる作業は朝行いました。お空を見ながら急げ、急げ。。

 

輪の形を調整して、ブルドーザーを使って立ち上げました。

最後に、真ん丸に近づけて、この後完成。です。

朝から個人祈祷のお客様方が何件かございましたので、

くぐって頂きたかったのもあるんですよね(*'ω'*)

 

間に合ってよかったです。半年に一度の夏越の祓は、、、さあ、いよいよ明後日!ですね。

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM