水無月、出来ました〜夏越の祓いに向けて〜

  • 2019.06.21 Friday
  • 21:40

今晩は。本日から水無月のご提供を始めました。

夏越の祓いの当日まで、のご提供となります。

 

当院の水無月は、本葛と当院の蕎麦畑で栽培している「戸隠在来種」の蕎麦粉で作ります。

葛を細かく砕いて、これから混ぜ混ぜするところです(。-∀-)

 

雨が小降りになるのを待って、庭先のクマザサを取りにいってきました('ω')ノ!

ミニ笹船を主人が作ってくれたので、そのままあしらいに。

 

ここまで作っていると、

朝、雨予報うっかり見過ごした上の子供が

丁度激しい夕立に見舞われ、しかも中社の営業所まで寝過ごしてしまって

走って帰宅してきました。

 

雷を伴う激しい雨だったのですが、カーブを曲がりきる頃に

林の中に閃光が走り、落雷する瞬間を見てしまった、と話していました。

親としましては、大層心配するべき話なのですが

それよりも、雨合羽一つ持たずに出た子供の姿に大うけしてしまい、

むくれられてしまいました。(だってあんまりにも、まるで本当にお池に落ちたような状態だったので)

 

いいからいいから、すぐお風呂に入り給え。

なんていいながらも、腹をかかえて笑う母親に「何?全くあの人?」

とプリプリしておりました。

この時期は天気が変わりやすいので、雨合羽は山奥では本当に重宝致します。

お仕度に、皆さま方も加えておかれますことをお勧めします(^_-)-☆

でないと、、( ̄m ̄〃)ぷぷっ!あ、いけない、思いだし笑いっ。

 

季節の水菓子、本日はこんな感じに。

季節の果物と、お初の西瓜のゼリーです。

上に、主人が昨日作ってくれたスグリのジャムを乗せてみましたよ。

 

水無月は、小豆の赤とこの三角形に魔除けの意味がこめられております。

四角を半分に切っておりますので、これで半年。を意味しているとも言われていますね。

夏越の祓いで、その罪穢れを祓い。

この水無月をいただきます。

 

もう今年になってから半年もの月日がたったのですね。

そんな風に考えながら、毎年つまみ食いをする私でございました。

いえ、ちゃんと自分の分は確保して、の上でですよ。

だって、美味しいんですもの。あ〜ん。(^^)/

 おやすみなさいませ〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM