令和最初の、初夏の山(水芭蕉、桜、咲いてます)

  • 2019.05.11 Saturday
  • 14:19

今日は。気が付けば、16日も前回の更新から経過してしまいました。

沢山の方にご覧頂いていたようで、申し訳ありません。。。

 

気づけば、時代も移り変わり季節も移り変わっておりました。

昨日の朝、一人の時間が設けられたので森林植物園まで足を延ばしてみました。

以前、水芭蕉の咲く時期が気になってねえ。

と、おっしゃってらしたお客様の事が気になっていたので様子を見がてら・・・(結局仕事を兼ねてますが('ω'))

 

時間は、朝の11時過ぎたくらいに携帯で撮影しました。

公園の駐車場は、平日だといいますのに沢山の車が停まっていました。

気温、19度。半袖の方お見受けしましたが、同時に虫達も活発に動き出していますので

薄手の羽織物を一枚ご持参されると宜しいかと思います。

 

沢山の野鳥の鳴き声が響いていて、住んでいる私でさえも

暫し目の前に広がるお池と、山々をぼんやりと眺めて

「綺麗だなあ。いい季節だなあ」

なんて一人で感じ入っていました。

 

青いお空が本当に綺麗でした。

お昼を持ってきて、池の周りで食べている方も沢山いました。

 

連休中の大雪の、名残も発見。

今年はまだいましたかね、と土手に張り付いて逃げ出そうとしているお化けにも見える残雪に

心の中で呟きました。

 

ちょっともう大きくなったかな?

という感じの水芭蕉達。夕暮れに見かけると、ムーミン谷のにょろにょろを連想してしまいます。

雪解けの水の中に佇む姿は、他の花にはない魅力があるのでしょうね。

沢山の方が写真に収めてる姿を沢山見かけました。

皆さん、笑顔でしたよ〜。

 

この後は、お腹が減りましたので、越水の「ヒマラヤの詩」さんへ。

スキー場近辺は、桜が満開でした。

 

カタクリの大群生も私、この時期に初めて見る事が出来てちょっと感激しました。

茶色の落ち葉の間に、点々と薄紫色の花がびっしりと群生していました。

そこで、ヒマラヤさんで購入したばかりの「茶色の」携帯ケースを見事に落とし、、、

夕方にまた探しに戻りました・・。(何してんだろう)

落ち葉の上で、とても迷彩が効いており、

もう一度出会えた時には林の中で歓喜の雄叫びをあげました。(付き合ってくれた下の子供にうるさかったよ、と注意され)

 

今、お山には沢山の命が漲っていました。

上を向けば木々の、下を見れば草達の、花がそこかしこに咲いています。

 

雨が降れば、青々と萌えた新緑が周囲を美しく彩ります。

今年は遅れて春が夏と同時にやってきているようです。

皆様どうぞ、この静かな初夏の里山へお越し下さい。

 

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM