霞始靆

  • 2019.02.24 Sunday
  • 23:29

今晩は。今日はすっかり遅くなってしまいました。(+o+)

昨日の寒の戻りが明け方まできつかった、今日の戸隠山は

日中8度まで気温が上がってポカポカ陽気でした。

 

昨日は終日氷点下2度、4度、とかでしたので(上の写真は昨日の午後、お客様方がご到着される前の当院の庭先の様子です)

 

霞始靆 カスミ ハジメテ タナビク

 

雨水ももう半ば。今日は下の子供にねだられてご近所を夕方散歩してきました。

沢山の春をに出会えましたので、また明日写真をあげて参りますね(*´▽`*)

 

早生の桜もようやく手に入ったので、早速院内と離れの【榊】にいけました。

蕾の沢山ついた枝ばかり子供が選んでくれたので(仕入れに主人と一緒に行ってもらった)、

ちょっと得した気持ちになれました。(*'▽')

 

薄桃色の花弁が、午後になると徐々に開いてきており

ああ、ここが暖かいからだねえ。

何て話しかけて回ってしまいました。

 

今朝、お客様方がお発ちになられた後は写真を撮った前日よりも、より一層咲いていました。

お客様方も、お楽しみ頂けたかな?なんてちょっとワクワクしながら

お掃除が出来た朝となりました。

桜よ、有難う。

 

薄いうす〜い桃の色で、4月にお山で見る山桜よりも小ぶりで

可愛い桜の枝でした。こんなに蕾をつけたのに、こんなに大きく枝を落とされたら

桜の木が可哀そうね。と言いましたら

「そうなるように生きているんだから、大丈夫だよ」と、

お祀りに向かう主人が聞くともなしに応えてくれ、出かけて行きました。

 

そうなるように生きる?

ふう〜ん。。。。なんか、凄い覚悟のある生き方なのね。貴方。

言われて見てみれば、そのお花とは随分と対照的な枝の皮。

ごつごつザラザラしていて、結構太く丈夫です。

花を咲かせる迄の、この枝が生えていた桜の木の事を想像しました。

 

お日待ち神事が終わった主人。本日は、家相のご相談とお家のお清め。

日中は、戸隠講の講員の方や氏子さん方からそれぞれの願意に合わせたお守りの発送のご依頼。

電話をとると、「もしもし?お諏訪さん?」←割とご高齢の講社さんがそう呼んで下さること。多いんです。

ですので、この時点で私の頭は「お諏訪さん=講の方か氏子さんからのお電話」

と、切り替わるのでございます。

 

そんな風に一日にとります電話の数が増してまいりますと、、、

ああ、春になりますね。。なんて毎年感じます。

 

もしもし、お諏訪さん?

あ〜い〜。

 

なんて、のどかにお返事したくなる春の日の午後なのでした。it's 桜マジック。

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM