戸隠神社 巫女報告祭

  • 2018.04.15 Sunday
  • 12:55

こんにちは。

明け方まで、大雨が降り続いていました。雨降り

少し肌寒い朝を迎えた今日の戸隠山です。

 

昨日の午後、戸隠神社(中社)さんで今年の巫女さんの奉告祭が執り行われました。

今年は3名の巫女さんが研修を終え、宮司さんの前で舞、無事に任命されて辞令を頂きました。

空前の子供不足につき、本年度の巫女さん達は

指定されている小学校4年生よりもぐんと学年を下げての任命です。

 

当院からも、下の子供がご奉仕する事となりましたので、

報告祭に家族で参列して参りました。

たまたま春のお祭りが、この日だけなかった主人も、

土曜授業だった上の子供も上手く帰宅時間があって参列出来ました。

土曜日に家族で家族の行事に参加出来るなんて、初めてで幸せだなあ。

なんて、目の前で装束に身を包んで座る我が子の後ろ姿を見ながら考えました。

 

お宮の中はまだ寒く、ストーブがたかれていました。

途中から雨が降り出し、今朝まで続く春の大雨となりました。

巫女さんの舞を、戸隠さんがしかと受け止めてくださった様な心持になりました。

 

正午の鐘がなり、じき主人が春祭りに発つ時間が近づいています。車

玄関先を整えておりましたら、庭のお池の水面が、静かになっておりました。

雨があがって、先日主人がひいておいてくれた山のお水がまた、池を満たしておりました。

 

ふきのとうも、気が付けばこんなに大きくなっていました。

野ワサビも、もう足元に出ていますね。植物植物

 

今日は大工さんがお休みですが、おのおのの持ち場で朝から院内作業に入っております。

午後には、秋の挙式披露宴の方の打ち合わせが入っております。

 

いよいよ、ですね。この静かな時間が終わりを告げますのも。

 

 

 

 

バス家家具や備品、器材などの搬入がはじまっています。それに伴う、業者さんの出入りや

細かな作業、微調整がそこかしこで噴出しております。

オープン前のあるある、なのですけれど。ゆう★

いけません、上下の子供の進学やら進級やらだけで、この私。

 

厚くなっていくお便りを前に、頭がヒートしっぱなし。

まあ、キャパが狭いのはもともとなのですけれどもね。

今年の度重なる変化に、ついていくだけで必死です。kyuひー。

家具を選択するのが、一番難関です。

買い出しに行く時間と手間を考えて、ではっ。と、決断するまでの時間がとてもとても短くって。。

いかに今まで判断の鈍い人生で、無駄に過ごしてきたか、自分を振り返って反省致しました。_| ̄|○ショボン

 

バーには、アンティークのテーブルを入れました。

さんざん探し回っても好みの物が量販のものの中には見つからず、

オーダーするほどには具体例が自分たちの中にありませんでした。

 

結果、はるばる海を渡ってきたこのマホガニーのコーヒーテーブルに落ち着きました。

私たちと同年代というのも何かのご縁かと。嬉しい嬉しい

 

猫足の裏にフェルトはりも無事完了。あひゃネコ

あとは、敷物ですね。

 

 

気が付けば、ぐんぐん大きくなっている子供たち。

 

今年は様々な子供らの節目の行事に、時間を気にすること無く参加させて貰っています。

参加するたびに毎回気づく事が多く、自分を省みる良い機会にもなっています。

子供らの目出度い席で、自分も感じ、学べるなんて、

これは幸せな事だな。なんて考えながらも。。。。

 

ショックもういい加減に、そこ、治せい。

と、誰かに強烈に言われてる気がしております。

 

戸隠というこの地に、単身で嫁いできて13年。

都会しか知らず、自分の好きな事しかせずに生きてきた私ですから、

当然、何も起こらぬ訳がございませんでした。

 

それでも、こんな私を支え、時に救って下さった沢山の方々や家族に、

深く、深く今は感謝をしておるのです。

 

なので、その大切な人達の為にも。

私は、その自ら自覚しております「悪いとこ」の改善に今こそ、全力を注がねばなりません。

世の中には、本当に本当に色々な人が居て。

様々な思いを皆、抱いています。良い方もいれば、そうではない思惑、ふるまいを所かまわず強烈にする人だって、おるのです。

ですが、もうそうした悪意ある思惑やその他云々。には。

この日を境に真に

惑わされることなく、本当に大切なものだけを見て、それらを守っていこうと誓いました。

そうしなければ、これから先の事が余計な感情のせいで頭にも入ってきません。

大切な一瞬を、嫌な思いと共に過ごすときだって出てきてしまいます。

それは、避けたいので。

 

この春から、それぞれの世界に進んだ子供たち。

私も彼等に負けない様、これからも日々様々な事を学び、寄り添い、役に立つ人間でありたいと思います。

なんてことで今から清く正しく美しい老活?を心にこの頃誓った母なのでした。

 

虹始見      (ニジ ハジメテ アラワル)

 

清明も末項。

もうすぐ、春の雨が全てあがりそうです。

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM