山奥の、春の雪解け清水を汲みに〜啓蟄の朝に〜

  • 2018.03.10 Saturday
  • 19:50

こんばんは。先日の啓蟄。6日の日に、山奥へ清水を汲みに行って来ました。

大切な人に、飲んで以前頼まれていたのですが

その人が体調を崩され、入院したことを知ったからです。

あ、場所は地元の方々が大切にしている場なので

ごめんなさい。

 

宝光社地区では道に雪も無く、連日の雨降りで雪もだいぶ消滅した、かなあ?

という程度でした。雨雨

 

んがっ。標高があがるにつれて、気温が下がって行きました。

えええええ?びっくりお、同じ山間部内でもお??

 

中社地区を過ぎるとうっすらと道に雪が。

 

 

奥社もすぎますと、こんな具合でした。

 

え?びっくり

さ、三月ですよね。

前日までポカポカ陽気でしたのに。

この日は夜から翌朝にかけて氷点下10から8度にまで落ち込みました。

一日の寒暖差も、日によっても、もうグアングアン表にしたらグラフが山形になるのでしょうね。。

 

翌日の7日の日は、春の大嵐。

朝、雪降りではじまり、夜は大風と大雨でした。

 

そしてそして、、今日は、山下は快晴晴れ晴れ

山からは雪を乗せた車が続々と降りてきていました。

木々の枝に雪が付着していて、美しい朝に、なりました。

どうぞ、お仕度に一枚冬の上着をプラスして戸隠にお越しくださいね。

 

 

 

日中暖かくとも、夜は急激に気温が落ちる春のお山。

大工さん方が引き上げ、子供らを寝かしつけた後に主人とこまごま、

確認案件と修正事項の検討、決定。を行うのがこの頃の日程になっています。

 

悲しいこれが、、、さ、寒い。

めさめさめっさ、寒い。のです。。

情熱の人・主人は大工さんの道具をお借りして色々図りなおしたりして。

それに応えてくださる大工さんも、主人と私がわかりやすいように

写真の段ボールで板のレプリカを作成しておいてくださったりしているので、、、

何せ、終わらない。のです。。。

もう、後半になると鼻水をぬぐう気も無くなり、

「明日にしようよ」オーラを全身と表情で全面に押し出すのです。けども、ねえ。。。

 

私の集中力は、もって30分。

それなのに、1時間以上も話し合いが現場確認で続いて、、。

終わって入浴した際に見た

自分の足の指の色の白いこと!びっくり

 

か、紙。コピー用紙っ!

と見まごうほど。

それを主人に訴えた。のですけれども。ねえ。。。

当分は夜、足指マッサージに励まなければならなそうです。

 

 

 

 

 

 

 

或る日、作業机が作られていました。

今回からお世話になる大工さん方は、お仕事がとても丁寧。

いつも現場が美しく整っています。

 

しかも、いつも気持ちよくご挨拶までして下さっていうことございません。

このときは、お外で皆さん今言うとこの「もぐもぐタイム」中。

 

すごい速さで院内が変わっていきます。

 

 

                      ある朝、出勤し従業員さんが居ません。

??コーヒーがおちているのに、姿が無いのです。

探してみると、現場を一人、見て回っておりました。

 

そうかあ。彼女は私と共に今の浴室のDIYをやった人。

なんだか、うれしくってジッとしていられないそうで

出社しては、こうして工事の進み具合を見て喜んでくれているのでした。

 

来週には上の子供の学校の卒業式。

何だか、今年の三月は一日一日が目まぐるしく、

変化が大きい日々が続いています。

 

業者さんも、大工さん方も、今年から新しくお取引をお願いする方々が今回本当に

安心してお付き合い出来る方ばかりでほっとしています。

 

さあ、毎日ホワイトボードとにらめっこ。です。

 

 

 

 

 

 


 

 


 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM