冬至の朝に

  • 2017.12.23 Saturday
  • 15:21

こんにちは。冬至を過ぎた本日は

朝、ゆき降り。

午後はぽかぽかと暖かくなり、過ごしやすい一日となりました。

 

それでも、朝晩の冷え込みは厳しく、

上の子供がご覧のような物体を見つけ、撮影してきました。見る

 

日中溶けだした屋根の上の雪が、滴り落ちながら氷結したようなのです。

氷柱?と確認しながら写真を見ていましたら、

「モンスターみたいでしょ?」

と、得意げ。

 

母が使いこなせなかった一眼レフ。カメラ

説明書片手に小一時間ほどいじってまわって、、、第一号撮影だったらしいのです。

へええ。こんな風にねぇ。。

いわゆる、ピント。

というものは全て携帯携帯にお任せクオリティの母。

おさがりを器用にこなされて、羨ましく感じます。

 

モンスター、というよりネッシーに見えますな。

なんて言い添えてカメラを返しました。

 

もう、だいぶ前のことなのですけれど。

いつもご利用頂いているお客様から、お心の籠ったお手紙と

大好物の柿の葉寿司を送って頂きました。

 

雪の降りだす少し前の頃で、ちょうど庭先でタイヤをスタッドレスに交換している時に

郵便屋さんから受け取りました。

 

このころ、実は私は大きく体調を壊していて

検査結果を待っている状態でした。

大丈夫、といえる要素が少なく毎日すっきりとしない心持が続いていました。

(結果、陰性となり経過観察中となりました)

 

そんな中で受け取りましたお客様のお手紙は、心に深くしみいる思いで読みました。

おそらく同年代でらっしゃる同性の方からのお手紙でしたけれど、

この山奥にある一、宿屋の女将に対して寄せてくださるお心つかいと、かけて下さるお言葉に

涙が溢れてしまいました。

 

宿坊家業とは、時に不思議なものです。

何やらどうにも自身の胸中で納まらない事柄や困った事があるときほど、

素晴らしいお客様方に引き合わせて頂いているような気が致します。

 

勿論、お客様方になにをお話しするわけでも無いです。

ですが、接している中で自身で悟ることが出来たり、気が付ける事がある方がいらっしゃるのです。

 

 

今年もあと少しとなりましたけれど、変化の多い一年だったなぁ。

なんてしみじみ思い、振り返っています。(年末年始仕事・どっちゃり残っている中で)

 

主人の講師としての資格試験、昇格、子供の受験、そして私の検査。。。。

と、何かと「待つ」期間が長い一年でした。

 

このお手紙を受け取った時、足元に4つ葉のクローバよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーをみつけ、

ヒョイヒョイ、と摘んでいると

従業員さんと主人に目をまあるくされました。

 

ええ、私。四つ葉採取の名人ですの。

「うおおおおっし!絶対いいこと、あるわよおおおおお!」グーグーグー

 

片手で空に突き上げ、咆哮致しました。

五社巡りも果たした日に、更に手にしたこのクローバー効果。

これだけの事で人間元気になれるスィッチ体質の私。

戸隠さんから、太鼓判を押された気になっちゃったんですねぇ。

 

と、いうわけで戸隠神社宿坊お宿諏訪。院内改装・改築、新築、いよいよ来年度から開始です。

(工事準備関係上、来年2月の25日をもって長期休業となります。予定は、4月末から再開予定となりますが、

また順次、こちらで報告差し上げます)

 

石の上にも13年。

発案10年。計画、4年。

 

長かった、なああ。いや、これから、、、、ですか。

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM