文月の朝:戸隠宝光社ご参拝・境内の様子

  • 2019.07.10 Wednesday
  • 12:08

おはようございます。

今朝は家族を送り出した後、久しぶりに宝光社さんへ行ってきました。

朝の9時を少しまわったくらいですと、遠目に見た狛犬さんは左手の吽にだけ陽の光があたっていました。

そばに寄って撮影しようとすると、ぎらんぎらん。(ΦωΦ)マブシ−!

朝早くっても、お天道様の明りは夏本番でした。

お天道様だってお久しぶりです。

境内内が、少しはからっとするかなあ。なんて考えました。

 

今年は特に冷涼で日照時間が少ない、梅雨だとか。

朝のお天気予報で知りました。

ああ、やはり。というのが山奥の住人の感想。

植物の成りが教えてくれます。

 

気温は20度。薄手の長袖で丁度でした。

夕方でしたら、ここにもう一枚足せばちょうどいいお仕度になるかもしれません。

帽子に、スカーフ。で紫外線予防。

長袖、長ズボンで虫対策をお忘れなく。

 

丁度、どなたもいらっしゃらない静かああな時間帯でした。

朝のご参拝って気持ちいいです。

ゆっくり手水をして、鳥や虫の声を拾いながら階段を登りました♪

 


額紫陽花が、咲いていました。鎮守の森の木洩れ日の隙間に

点々と青い紫陽花の色が落ちていました。綺麗だなー。('ω')ぼー。

っと、しばし ガクに触れながら見入ってしまいました。

 

そうそう、、良くお客様にもお尋ね頂く社頭の受付時間。

ご参拝後に、パシャリ。

この後、続々と階段を登って観光やご参拝の方々がいらっしゃいました。

「こんにちはあ〜」なんてすれ違う時にお声がけ下さる方が続いて、お、ご挨拶先越された( ゚Д゚)!

なんて内心焦りながらも「おはようございまあす」とお返ししたり出来て

幸せな時間を過ごしませた。

 

女坂も、まだどなたもいらっしゃいませんでした。

そうだ、台帳さっき一番乗りだったっけ。

なんて思い返して、ささやかな優越感に浸ります←いやらしい。

 


先日いけておいたお花の水を入れ替え、切り直し、朽ちた物は持ち帰ってきました。

 

今日は、院内で取り扱いをはじめた「御朱印バック」のサンプル版を携えてお参りをしてみました。

これ、実際よりはミニサイズです。紐の止め方も、簡易になっています。

携帯とハンカチ、小銭入れだけ納めてみて(御朱印帳だけ、よりも重くして)

肩からさげた時の紐のあたり具合や、長さの感じ方など使った具合を知りたかったのです。

 

紫宝さんという長野の畳のヘリ作家さんの物なのですが、

ご縁あって院内で置かせて頂いている物ですので、お客様にお尋ね頂いた時にもちゃんとお答したいと考えています。

万が一、後々にも、リペアが必要な時の為に、お買い求め頂いた商品には彼女の連絡先も一緒にお付けしています。

 

 

子供達にも朝から「いいね!」を貰ったこのキュートな畳ポシェット。(サンプルに勝手に命名)

暫く使い続けて耐久性や形状変化も観察したいと思います★(実際は、紫宝先生が長年使って麻の様ないい感じに

くったり風合いになった物を拝見しています)

 

上の女坂を下っていると、左手がこそばゆくなったので

見やると、にじゅうや星テントウ?

が、握った花と手の間から出てきました。

 

わあ、珍しいねえ。(*^。^*)

木洩れ日の隙間に照らしてパシャリ。

珍しい虫を見る事が出来て、この後缶詰にならねばならない書類作成及び事務作業一切に対する

件を忘れ去るところでした。(忘れたかった)

 

話はそれましたけれど、、、、気が付けば1時間以上も居てしまいました。

この静かな、静かな文月の宝光社さん。

お蔭様で心の刺刺が、引っ込みました。(またきっと膨らむ)

日常に、ご参拝する時間を設けられて幸せでした。

 

皆様もこの心地よい時間を是非、お過ごし下さい★

 

 

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM