氏子さんからの、頂きもの

  • 2020.02.21 Friday
  • 12:17

おはようございます。

今日の戸隠山は晴れ。気温は3度です。週末からまた雪雲が戻ってくるようですので、連休中にお越しの皆様、

どうぞお仕度にはご留意されてお越し下さい。(朝晩は確実に氷点下になります)

 

この頃、一階のバーに飾っている桜の木がグングン芽吹いてきています。

写真は今しがた撮影しました。毎朝目に見えて成長しているんですよ。

何も話さないのですけれど、静かに漲る命の動きが空間に溢れている様な気持ちになります。

植物って、凄いなあ。と、この季節になると室内外で感じる事が多くなります。

 

本日は、主人のお日待ち神事の最終日。

院内でも週末のお客様方の準備と並行して細々とした作業が続いています。

 

写真は、主人のお爺さんのコレクションしていた葉書です。(この頃大掃除で発見)

大量にあったのですが、見れば見るほど味わいのあるイラストと切手の柄です。

年号を見たら、

「あれ、同い年じゃあないか」

と気が付き、、、何かに使えないかな?と思いましたので

新館の、離れのドリンクメニューに変身してもらいました。(*^-^*)

ちいちゃな変化ですけれど、なかなか繁忙期だと出来ないんですよねえ。

こういう作業って。穏やかに出来ている今の季節に感謝しています。

 

連日、お日待ち神事で氏子さん方から大量にお野菜やジュース、

手作りのお菓子や有名店のお菓子、手作りのグッズや夕飯のおかずになるお惣菜たっぷり。などなど、、有難いばかりのバリエにとんだ愛を受け止めて主人は帰宅しております。

氏子さん、皆さん、有難うございます。(*´▽`*)主人は幸せな神主だと思います。

 

昨日もそう思いながら車から、せっせと氏子さん方の「愛」を積み下ろしていると

頂き物の中に紛れ、ひときわ異彩を放っていたのがこちら。

 

(ΦωΦ)!

 

こ、、、これは、、、。主人に震える声で尋ねますと

「ああ、これね。奥さんに、是非渡して、って今日行ったお宅の氏子さんが」

 

(ΦωΦ)!!!

 

な、何故っ。

「お宅に伺ったら、見せてくれてねえ。あ、これ、うちのも昔飼育していたんですよって話したらね。」

突如、く、くれたの?

「そう。で、伝言もあってね。○○(珍獣)もウチニはいるのですが、、、って仰るから。あ、それも飼育していたみたいですよ。って話したら、!!!や!気が合いますね!是非、奥様に遊びにいらしてっ伝えてくださいね!って」

 

なななな。

なんという、びびびーん( ゚Д゚)!

 

私は、昔昔独身時代に。

写真の動物をそれはそれは溺愛して長年育て、今も目の見えるところに写真を飾っています。

その動物が死んだあと、なかなか、この動物を飼育している人にお目にかかる事が出来なかったので

一人で上野の動物園まで見に行ったりしたほどこの動物に飢えて、いたのです。

 

ど、どなたが、、これを・・・。

上擦った声で主人に聞いたら、ああ!あの方!

もう長らく存じあげていたのにっ。

氏子さんも驚いていたよー。良かったねー。と傍らで話す主人の声を聞きながら

写真をくいいるように見つめてしまいましたっ。

 

これで冬の楽しみが出来ました。(^^♪

私の様な宿泊業に携わる者は、動物が飼育出来ないので。。。。

ああ、氏子さんっ。有難うございます。ここ数年来の歓喜の波が押し寄せております。

そんな、幸せな或る日でございました。

 

あまり宿坊業務と関係なくってすみません。

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM